ヘルシーハンバーグ

ハンバーグをちょっとヘルシーに食べる

ハンバーグをふつうにつくろうとするときには、豚と牛の合挽肉にタマゴとパン粉を加えて成形していきます。

玉ねぎを細かく刻んで炒めたものを一緒にして混ぜますが、使用される食材のほとんどが動物性脂質かタンパク質、それにパン粉による炭水化物という非常に偏ったものになってしまいます。

お腹が減っているときには最適のボリューム料理なのですが、毎日の食卓として食べるときにはやっぱりカロリーが気になるところです。

そこでハンバーグを作るときにちょっとした工夫をすることで、全体のカロリー量を減らすとともに健康によい栄養素を付け足すことができます。

定番の豆腐ハンバーグ

ハンバーグをヘルシーにするための工夫として最もよく知られているのが、豆腐もしくはおからを入れる「豆腐ハンバーグ」です。

豆腐ハンバーグの場合には、豚牛の合挽肉だけでなく豆腐を丁寧に水切りしたものかおからを混ぜ込むようにして、あとは同じようにタマゴとパン粉をつなぎにして焼いていきます。

すると食感は本物のハンバーグとほとんど変わらないのに、カロリーは低めでさらに大豆の栄養素を加えることができるという大変便利な食品に早変わりします。

豆腐ハンバーグは見た目が明らかに白っぽくなるのでそれとすぐわかるのですが、食べたときにあまり抵抗感がないので最近体重が気になってきたというような家族のためにもよく使われます。

より健康によいヘルシーハンバーグにするには、玉ねぎの他にニラやニンジンを細かく刻んだものを入れるという方法があります。

ひじきや鶏肉を使ってみる

ヘルシーハンバーグのレシピはおからや豆腐だけではありません。

まずハンバーグにつかう肉ですが、豚牛の合挽肉ではなく鶏肉にしてみるだけでもかなりカロリー量は減り、動物性脂質が減少することで体にも優しくなります。

鶏肉を使ってハンバーグにするときには、他の食材とも相性がよくなるので、ひじきなどの海藻をいれてみたり、豆腐・おからを使ってみるといった工夫もできます。

Posted in 野菜のレシピ:洋 | ヘルシーハンバーグ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.