生野菜と温野菜の栄養価の違い

一日あたりの野菜摂取量についてはさまざまなところで言われていますが、野菜であればどんな食べ方をしてもよいというわけではありません。
同じ野菜を食べるにしてもその調理法や味付けの方法によっては、分量に対しての体への効果を高めたり逆に低くしてしまうようなことがあったりします。
野菜の調理方法の中でも最も体に効果があると言われているのが「生食」での食べ方です。
生食は今話題の「酵素」を体の中に取り入れるために最も効果的な方法と言われており、海外などでは健康方法として多くの人から利用されています。
それまでは野菜を食べていたといってもゆでたり焼いたりといった加熱調理をしていたところ、生食に切り替えたらその途端に体質などが大幅に改善したという事例もあります。
生で新鮮な野菜を摂取することは、便秘の解消やアンチエイジング、美肌効果もあるとされているので、できることなら生でたくさんの野菜を食べるようにしていきたいところですね。

なぜ生食がこんなにも栄養効果が高いのかというと、野菜の中に含まれる健康優良成分の多くは50度以上の加熱をされるとその成分の多くが破壊されてしまうという性質を持つためです。
中でもアンチエイジングや美肌に効果が高いとされるビタミン類は熱に弱い性質を持つためそもそも加熱をして食べてしまってはほとんど意味がなくなるということもあるほどなのです。
栄養成分の中にはポリフェノールの一部のように熱に強く調理後もしっかりと中に含まれるようになっているものもあるのですが、野菜のほとんどは調理することによって大切な栄養分を損なってしまっているのが現状です。

とはいえ生で食べたくても食べられない野菜もたくさんあります。
そこで栄養成分が特に多く含まれており、かつ加熱をすることで大切な有料成分が失われてしまうものをいくつか挙げていきます。
まずは一番のおすすめがタマネギです。
タマネギにはアリシンという大変体によい成分があるのですが、残念ながら少しの加熱でもその大部分は損なわれてしまいます。
しかし生で食べるにはちょっとタマネギは刺激が強い食材でもありますので、あまり得意でないという人は軽くソテーをしたり蒸してみたりするとよいでしょう。
次におすすめしたいのがブロッコリーです。
ブロッコリーは普通ゆでて食べますが、新鮮なものは生でも十分に食べることができます。
ただし火を通しても別の栄養素は残っていたりするので、丁寧に調理していくようにしましょう。

Posted in 野菜のチカラ | 生野菜と温野菜の栄養価の違い はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.