良い野菜の見分け方

スーパーや市場などに行くと、野菜が山積みで売られているところをよく見かけます。
その中から自分の好みのものを選んで購入するということですが、普段あまり野菜作りに携わってきていない人にとってはその野菜のどこをポイントに選べばよいのかよくわかりません。
そこで、一般家庭でよく使われる野菜類の中から選ぶときに見ておきたい場所をいくつか説明していきます。

【キャベツ】
包装なしで山売りされることが多いキャベツですが、それだけに見極めはじっくりできます。
キャベツは一番外側の葉の緑色が濃く、葉にハリがあるものがよいと言われます。
外側の葉の色が白っぽいと内側に傷みを生じていたり虫がいたりすることもあるので十分に注意しましょう。
また育ちがよいキャベツほど「巻き」がよくなる傾向にあります。
葉がキレイに重なり合っているものを選びましょう。

【トマト】
1つずつで購入する場合には、ヘタの色がみずみずしい緑色をしているかどうかをよく見ましょう。
また全体の形状が丸みをおびているものほどよく、四角っぽい形に近いものは中に空洞があったりします。
購入するときにはヘタの近くに青みがあってもしばらく常温でおいておくとすぐに赤くなります。

【タマネギ】
新玉ではなく通常の場合、触って硬さを感じるものの方が質がよくなります。
やわらかみがある場合には内部が腐りかけている可能性があるので表の茶色い皮がしっかり乾燥しているかをみておくようにしましょう。
また芽や根が伸びかけているものは既にかなり古くなっているので注意です。

【えのき茸】
えのきにかぎらず袋に入れられている野菜全般に言えますが、できるだけ真空状態に近く野菜にぴったりと包装が付いた状態になっているものを選びましょう。
またえのき茸ではカサの部分が白くて硬みを感じられるとともに、茎の部分が柔らかいものが鮮度が高くなります。

Posted in 野菜のチカラ | 良い野菜の見分け方 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.