子どもの野菜嫌いを治すには?

子供のうちは何かと食べられない野菜も多く、料理を担当するお母さんなどはかなり苦労を感じてしまうところでしょう。
ですが子供のときから嫌いな野菜を嫌いなままで放置していってしまうと、大きくなってからもなかなか食べることができなくなってしまい、将来的に偏食気味の成人となっていってしまいます。
ですので子供のときにこそ、工夫をこらしてたくさんの野菜を食べさせてあげるようにしましょう。

子供が苦手にする野菜の代表格と言われるのが「ピーマン」です。
ピーマンは独特の苦味と匂いがあるので、あまり刺激の強い食べ物は食べられない子供のときには好きになれないということが多いようです。
他の野菜と合わせて食べさせようとしてもその独特の風味ですぐにバレてしまうので、なかなか親としては苦労を感じてしまうところです。
なのでピーマンを子供に食べさせるときには、あまりそれと意識をせずに食べられる工夫が必要になります。
ピーマンの種類の中でも「甘長ピーマン」という種類は通常の細長いピーマンと違って甘みがあり苦味が弱いので、そうしたものを選んで使用するという方法もあります。
間違ってもかぐら南蛮というピーマンによく似た野菜だけは食べさせないようにしたいところです。

他にも子供が嫌いそうな野菜の種類としては、ニンジン、しいたけ、タマネギといったものがあります。
いずれも苦手だと思っている子供の多くは独特の風味が嫌いと思っているものなので、味付けを子供が好きそうな甘みなどを強くするといった調理方法の工夫が求められます。
最も嫌いな野菜も成長しながら少しずつ食べられるようになることもよくあるので、幼い時期に嫌いだったからといって匙を投げるのではなく大人になる過程を見守りながら少しずつ食べさせるようにしていくという長い視点を持つことも大切です。

Posted in 野菜のチカラ | 子どもの野菜嫌いを治すには? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.