野菜の上手な保存方法

野菜は毎日の生活に積極的に取り入れたいとは思うものの、一人暮らしの家庭や家族が少ない世帯ではせっかく買った野菜も使わないまま腐らせてしまうということもよくあります。
野菜をそのまま購入する場合、出来合いのお惣菜などを購入するよりもかなり割安になるので特売のときなどにはついつい買い込んでしまったりもします。
ですが生鮮食品は足がつくのが早く、冷蔵庫に入れていたとしても数日でしんなりと鮮度を損なってしまったり、あきらかに目で見てわかるような変色や腐敗をしていってしまいます。
そこで知っておいてもらいたいのが、野菜をより長く持たせることができる工夫です。

最新式の冷蔵庫などでは野菜室には専用のケースが設置されており、野菜の種類別に収納ができるようになっていたりします。
それは単純に容れやすくするためというわけではなく、それぞれの野菜の特徴を考えた上でもっとも長持ちできるような保存方法を教えてくれているのです。
一例を挙げれば、きゅうりや大根のような野菜は野菜室に無造作に寝かせて入れておくのではなく立ててしまっておくようにするだけでもかなり持ちが変わってきます。
これは野菜は収穫をされたからといってそこで生命が終わるというわけではなく、販売されまた購入をされた後にもなお葉や根をのばそうとして活動をしていることが関係しています。
きゅうりや大根は自然界で成長しているときにはまさにまっすぐ立ったような状態になっていますが、それと同じような環境をつくってあげることでよりエネルギーを消費しにくくなるというわけです。
ただそのまま立てて保存するには冷蔵庫のスペースが限られてしまうので、専用のケースの他牛乳パックの空いたものなどを使用しつつ自分流に場所づくりをしていくようにしましょう。

他にも一般家庭でよく使われる野菜の主な保存方法を以下に紹介していきます。

【キャベツ】
1個まるごと購入してきた場合には、芯を取り除いておくと中で芽が育つのを止めることができるので長持ちします。
ラップにくるんでしまうと呼吸ができずにしんなりとしてしまいますのでラップはかけず、くりぬいた芯の部分に湿らせたペーパータオルをつめておくとより長く鮮度を保つことができます。

【青菜類(ほうれん草・チンゲンサイなど)】
葉物は乾燥に弱いので軽く霧吹きをしたあと新聞紙でくるんで周囲から圧迫を受けないようにして保存します。
ただしあまりにも水分を与えすぎてしまっても葉が傷んでしまうので、湿気のありすぎる場所に保管するのは厳禁です。

【かぼちゃ】
ほとんどがカット品として売られていますが、そのままの状態では種の部分から腐ってきてしまいます。
すぐに使わない場合も早めに包装をとって中の種を一度くりぬいておきましょう。

Posted in 野菜のチカラ | 野菜の上手な保存方法 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.