熱々ヘルシー中華丼

たっぷりの野菜をあんかけにして熱々のご飯にかけて食べる中華丼は全ての時期を通じて食べられるごちそうです。
中華丼は単品だけで食べてもたくさんの具材が一緒に入っているので、大変バランスがよく手軽に栄養補給をすることができます。
一品の中に主食、主菜、副菜まで全て含まれていて汁物の要素もあるというレシピは他にはあまり類を見ないと言ってもよいくらいです。
しかもあんかけは温度が冷めにくくなるという特徴もあるので、冬の寒い時期などには体を温めることのできる貴重なメニューです。
夏場にもどうも体調が優れないというときに食べてみるとエネルギーを回復することができますよ。

中華丼を作るときには、季節の野菜類とともに豊富なタンパク源を含めることもコツになってきます。
通常料理においてはその品の中に含まれるタンパク源は一種類くらいであるものですが、中華丼においては豚肉や魚介類、卵といった複数の具材が定番として使用されます。
そこに生姜やタマネギといった人の代謝を高めてくれる具材を加えることで、より食べたあとに早くエネルギーに変化させることができるようになります。

中華丼のレシピはお店によってかなり違いがありますが、中でも比較的多く使われる具材を中心に紹介していきます。
まず野菜類としては白菜、ニンジン、きくらげ、キャベツ、タマネギ、水煮タケノコ、黒キクラゲなどがよく使われています。
中でも水煮タケノコは中華丼に入れると歯ごたえによいアクセントをつけてくれるので、できたら入れるようにしておきたい食材です。
それと、最後に軽く乗せると彩りが鮮やかになる絹さやなども別に軽くゆでておくとよいでしょう。
味付け用には生姜、にんにくを中心に鶏がらスープやオイスターソース、酒、塩、コショウなどを適宜加えていきます。
タンパク源としては、豚もも肉やイカの切り身、エビ、うずらの卵といったものがよくあいます。

作り方を順に見ていくと、まずはフライパンを熱して細かく切った生姜やにんにくを炒めます。
香りが出てきたらそこに豚肉とイカ、エビなどを加え、そこから順次野菜を加えていきます。
野菜に火が通ったらあらかじめ作っておいたスープのもとを加え、しばらく煮立たせていきます。
味がしみついたところで別ゆでしていた絹さやをのせて、仕上げのとき片栗粉を回し入れます。
ほんのりとろみがついたらあとはご飯にのせて完成です。

ポイントはやはり中華丼の特徴である片栗粉を入れるタイミングと分量です。
入れるときには硬さに十分に注意するとともに、あまり時間をかけすぎずに手早く行うのが出来の良さにつながります。

Posted in 野菜のレシピ:中 | 熱々ヘルシー中華丼 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.