ダシたっぷり中華雑炊

鍋のシメの定番レシピ

鍋といえば冬の定番料理というイメージがありますが、どんな季節でも鍋料理は美味しくいただけるものです。
どんな鍋料理でもシメといえば雑炊を作るという方も多いですが、今回はお鍋のダシたっぷりな中華雑炊の作り方をご紹介します。

レシピ

まずは鍋料理を美味しくいただきますが、今回はポン酢をつけていただくので具材は水で煮るだけでOKです。
おすすめの具材は白菜や大根、人参、ネギなど身体を芯から温めてくれるものを活用すると良いでしょう。
その他の具材としてホタテやすり身、鶏団子など好きな魚介類やお肉を入れてください。

これらの具材から美味しいダシがとれますので、水で煮るだけでも十分美味しくいただくことができます。
ポン酢を付けて食べると、後を引く美味しさでお腹一杯になるまで楽しんでください。

一通り鍋料理を楽しんだらいよいよシメの中華雑炊を作ります。
用意するものはご飯と卵、ネギ、創味シャンタンです。

中華雑炊の味を決めるのは、実は創味シャンタンなのでこれは中華料理の定番アイテムとして活用できるので常時ストックしておくと良いでしょう。
創味シャンタンは清湯スープを基本として油脂や玉ねぎ、ニンニクなどの材料を丁度良いバランスで配合している中華スープの素です。
プロの料理人も活用している本格的な調味料なので、ご家庭でも本物の中華料理店で提供されるような料理を再現できます。

創味シャンタンを入れる量は小さじ一杯程度で十分なので、グツグツ煮立ってくるまで待ちましょう。
火が通ったら溶き卵を入れてネギをちらしたら完成です。

使用する野菜の栄養素について

鍋料理の定番といえば白菜を欠かすことができません。
白菜は養生三宝の一つとも言われるほど精進料理には必ず使われるとされる野菜なので積極的に活用することで効率良く栄養素を補給できると考えられます。
基本的には旬の季節が11月から2月にかけてとされていましたが、現在は栽培技術が進んだことで一年中美味しい白菜を手に入れることができるため、どの季節でも美味しい鍋料理に活用できます。

参考:http://blog.goo.ne.jp/tudukimituo1028/e/be604c30124ef66e8488247c1f693d30

白菜はビタミンCがたくさん存在しているので風邪予防にも効果的だと言えます。
ビタミンCは抗酸化作用も高いことから、女性にとって嬉しい美肌維持にも役立ちます。
また、カリウムを豊富に含むことから、身体の中に溜まっている余分な塩分を排出する役割も発揮してくれます。
高血圧症予防や高血圧に伴う脳卒中などの様々な合併症を予防するためにも役立ちます。

もう一つ注目したいのが遊離基というガンを引き起こす可能性がある物質の活性化を邪魔することで免疫力を強化する働きがある点です。
抗ガン作用やガン予防にも役立つとされている野菜なので積極的に食べるようにしてください。

Posted in 野菜のレシピ:中 | ダシたっぷり中華雑炊 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.