青魚を使ったエスニック料理

青魚は、サバやさんま、あじ、イワシといった日本の伝統的な食卓でもおなじみの魚です。
日本人が世界的にみて優秀な平均寿命をしていた理由の一つが
この青魚によるものではないかとも言われているほど、
青魚に含まれる栄養分はすぐれています。

具体的な成分としては、DHA(ドコサヘキサエン酸)、
EPA(エイコサペンタエン酸)の二つが代表的で、
人が体内で合成することができない多価不飽和脂肪酸に分類されています。
これらDHAやEPAの主な効果としては、悪玉LDLコレステロールを
減少させてくれることがあり、血液状態をよいものにしてくれることが期待できます。
青魚は焼くなど加熱をすると大量の油が出てきますが、
この油の特徴は冷えても凝固することがないということです。

肉類から出た油の場合、加熱されているときには液状でも冷えてくると
白く固まってしまうものですが、青魚から出る油にはこの現象は起こりません。
この凝固しないという性質が、人の体内に入った時に血管の流れをよくし、
血行・血流状態を改善してくれる効果になるのです。

他にも青魚を食べることにより、肥満を防止しメタボリック・シンドロームを防止したり、
認知症を防いでくれるという効果があるといいます。
特に近年では認知症による高齢者の健康不良が問題視されていますが、
青魚を多く摂取している人は年をとっても認知能力が高く、
精神的にも若い状態を保つことができているという傾向があります。
また、EPAにはプロスタサイクリンという成分も含まれていることから、
花粉症やぜんそくといったアレルギー症状の緩和にも役立ちます。
つまり、若い世代にも高齢者にも、
くまなく体によい影響を与えてくれる食材であると言えます。

青魚類の栄養分をとるために最もよい方法は、生のまま食べるということです。
ですが、EPAやDHAは酸化しやすく鮮度を保つのが難しいという特徴があるため、
日常的に食べるのはちょっと苦労してしまいます。
旬の時期にはできればお刺身として食べることをおすすめしますが、
そうでないときには加熱をして食べていくようにしましょう。

中でも青魚を使ったチリソース料理はいつもと
ちょっと違った青魚の魅力を引き出してくれるとてもおいしい料理です。
作り方としては、まずサバなど青魚を3枚におろし一口大に食べやすく切ります。
そこに片栗粉をまぶしてフライパンで表面をからりと焼き上げます。

だいたい火が通ったところで生姜、長ネギ、調味料(ブイヨン、豆板醤、ケチャップ、
オイスターソース)を加え、全体に味をしみこませていきます。
最後に水で溶いた片栗粉をサッと入れてとろみをつけたら出来上がりです。
コツとしては、あまり塩分を加えすぎないようにすることで、
豆板醤の辛味で味付けをお好みで調節するようにしましょう。

Posted in 野菜のレシピ:中 | 青魚を使ったエスニック料理 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.